お尻黒ずみに効果的な市販薬がほぼない理由を解説

sihanyaku

黒ずみと市販薬についての記事を読んでみるとほとんどの記事で、『効果的ですよ』『治るみたいです』『評判いいみたいですよ』などなど根拠もなしに安易な言葉を並べただけのものが多いです。

 

また治らないと書いた記事であっても、なぜ治らないのか根拠に欠けるものばかりです。そこで当サイトではなぜお尻黒ずみに効果的な市販薬がほとんどないのか詳しく解説していきます。

 

黒ずみに効果的だとされる市販薬

当サイトでは今までも様々な市販薬の効果について書いてきました。

 

・オロナイン

・ユースキン

・ワセリン

・ニベア

・馬油

・バイオイル

 

しかし成分や効能について検証してみた結果、これらの市販ケア商品で黒ずみを治すのは非常に難しいことが分かっています。なぜ治すのが難しいのかそれは端的に『黒ずみを治すための成分が入っていないからです』

 

黒ずみを治すために必要なこと

pixta_22622992_S simi

そもそも黒ずみというのはメラノサイトが黒ずみの元となるメラニン粒子を作り出し、メラニン粒子が肌細胞にくっついている状態です。この状態から黒ずみを治すために以下の3つのどれかの方法を行う必要があります。

 

・メラニンを還元(薄く)する

・メラノサイトの働きを弱め新陳代謝によってメラニンの排出を待つ

・肌の新陳代謝を促し、色の付いた肌細胞を剥がし落とす

 

つまり、市販薬にこれらのどれかの作用がないと黒ずみを治すのは不可能なのです。具体的にメラニンの還元とメラノサイトの働きを弱めるのは美白成分で、肌の新陳代謝の促進についてはターンオーバーの促進作用のある成分が必要です。

 

つまりは、美白成分とターンオーバーの促進作用のある成分が含まれていない市販薬では黒ずみは治らないのです。

 

上記したオロナイン、ユースキン、ワセリン、ニベア、馬油などはそもそも本来黒ずみを治すために開発された商品ではありません。なのでこれらの商品で黒ずみを治そうとすること自体本来は無理なことなのです。

 

それでも黒ずみに効果的な市販薬は存在する

ここまで市販薬で黒ずみを治すのは難しいと書いてきましたが、数ある市販薬でもごく一部黒ずみに効果的だとされる商品は存在します。それは小林製薬が販売している『ケシミン』です。

 

ケシミンの有効成分には以下のものが含まれています

 

・L-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体)

・グリチルレチン酸ステアリル(甘草由来の炎症を抑える成分)

・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)

 

これらは全て厚生労働省が効能を認めた薬効リストに含まれた成分であり、ビタミンC誘導体についてはメラニンを還元する作用、ビタミンE誘導体については新陳代謝を促しメラニンを剥がし落とす作用があります。

※出典:いわゆる薬用化粧品中の有効成分リストについて

 

ケシミンに関してはある程度黒ずみに効果があると言えるでしょう。ただお尻に関しては他の皮膚とは違い非常に分厚い角質層に覆われているので、肌深部にまで成分を到達させるのは簡単ではありません。

 

なので手軽にお金もかけずに黒ずみを治していきたい人はケシミンを試してみるのも良いですが、しっかりケアしていきたいという人はやはり、お尻の皮膚構造を考慮したうえで開発されている専用のケア商品を使う方が治りやすいのは確かです。

 

たくさんあるケア商品の中で何を使おうか悩んでいる人は次の記事を読んでいただくことをオススメします。

ピーチローズとフェアリームーンどちらを買うべきか徹底比較

サブコンテンツ

このページの先頭へ