お尻黒ずみの人がお風呂に入る際に注意すべき3つのポイントとは

chuuikikenn

 

お風呂で注意すべきこととは(‘ω‘ )?

 

良かれと思って行なっていたことが、実は間違っていた!なんて経験誰にもあると思います。なかでもお風呂は間違った入り方が、黒ずみを増やす原因になっていた、ということはよくあります。

 

そこで今回はお風呂に入る際に気を付けたい3つのポイントについてお伝えしたいと思います。

 

①とにかくこすらない

身体を洗う際にタオルなどを使ってお尻を洗っているという人は多いんじゃないでしょうか。でも実はこれ厳禁です。

 

というのも、そもそも強い刺激は黒ずみの元であるメラニンを増やす原因となってしまいます。メラニンを作り出すメラノサイトは刺激に対して反応する特性があるので、お尻に強い刺激が加わるとメラニンを作り出してしまいます。

 

また、ゴシゴシ強くこすると、角質層に傷が付いてしまいます。角質層は肌を外敵や刺激から守る役割を果たしているので、この機能が低下してしまうと、肌には様々な肌トラブルが発生しやすくなります。

 

乾燥肌、ザラザラ肌、ニキビ、ターンオーバーの乱れなど、これらの多くは角質層に異常が起き、バリア機能が低下することで発生している場合が非常に多いです。

 

つまり、お尻をタオルなどを使って強く洗うことは、黒ずみを増やすだけでなく、あらゆる肌トラブルの原因になってしまうのです。

 

摩擦でお尻黒ずみが発生する理由を徹底解説

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

 

②石鹸は肌にやさしいものを使う

先ほどと繋がってきますが、石鹸を使う場合は、基本的には余計な添加物が入っておらず、肌になるべくやさしく刺激の少ないものを使う方が良いです。

 

市販の一般的なボディーソープは、ほとんどに安価で刺激の強い界面活性剤が含まれています。

 

界面活性剤自体は一概に悪いものだと決め付けることはできないのですが、一般的に流通しているボディーソープに含まれているものは、ほとんどが刺激が強すぎます。理由は簡単で安くて大量生産できるからです。

 

元々黒ずみができやすい人は、肌のバリア機能が正常に機能しておらず、肌に刺激が伝わりやすい状態になっている人が多いので、なるべく無添加で肌にやさしいものを使うのがオススメです。

 

個人的には石鹸なしで、シャワーで手洗いだけでも肌表面の汚れを取るだけなら十分です。有名人でもタモリさんや福山雅治さんがこのボディーソープも石鹸も使わない入浴法を実践していて、それが美肌の秘訣だと語っています。

 

お尻黒ずみに効果的な石鹸の選び方と使用法を解説

 

③長風呂厳禁

最後は意外かもしれませんが、黒ずみに悩む人は『長風呂厳禁』です。お風呂から出た後に肌が乾燥する人は多いと思いますが、よく考えてみればこれ不思議意だと思いませんか?

 

湯船に使ってゆっくり汗を流して、血行も良くなって、普通だったら風呂上がりのほうが、肌がしっとりしそうな気もします。

 

実は入浴中に肌から保湿因子が湯に流れ出ているのです。つまり、湯船に浸かる時間が長ければ長いほど、肌内部から保湿因子が流れ出てしまうので、どんどん肌は乾燥しやすくなります。

 

このように乾燥はニキビや黒ずみなど様々な肌トラブルを引き起こす原因になりますので、長風呂は控えるようにしましょう。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ