お尻黒ずみへのジャムウの効果を徹底検証してみた

jamuu

ジャムウが黒ずみに効果的らしいけど実際どうなの(‘ω‘ )?

 

デリケートゾーンの臭いや黒ずみ対策として有名な『ジャムウ』ですがお尻黒ずみへの効果はどうなのでしょうか?

 

実際に含まれている成分から検証してみました。

 

ジャムウの実力とは

デリケートゾーンでの黒ずみ対策として有名なジャムウですが、自然派で肌にもやさしそうだし、黒ずみ専用石鹸もあるので、結構効果ありそうな感じもしますよね。

 

ただ、結論からいうとお尻黒ずみへの『効果はほぼない』です。まず黒ずみというのは肌内部に変色したメラニンが沈着している状態なので、治すためには次の3つのどれかの効果が必要です。

 

①メラニンを薄くする

②メラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑える

③肌の新陳代謝を促し変色した肌を剥がす

 

maraninn-meranosaito

 

このなかでジャムウは『③肌の新陳代謝を促し変色した肌を剥がす』の効果をねらって作らています。

 

ジャムウは弱いピーリング石鹸

ジャムウの中でも黒ずみ特化として作られた商品が『ジャムウ・ハードバブル』です。このジャムウ・ハードバブルの全成分は次のようになります。

 

石ケン素地/パーム油/オリーブ油/ビンロウ果実/パパイア果実エキス/タルク

 

この中で黒ずみに効果があるとされているのが『パパイヤ果実エキス』です。パパイヤ果実エキスは簡単に言ってみれば、弱いピーリング成分のようなものです。

 

パパイヤの酵素にタンパク質を溶かす効果あるので、これが肌表面の古い角質を溶かして、肌の新陳代謝を促します。するとだんだん肌内部のメラニンが肌表面にまで上がってきて、最後は角質となって剥がれ落ちます。

 

ジャムウの問題点

ただ実際にはこれだけでお尻の黒ずみを治すのは『ほぼ不可能』でしょう。というのはジャムウをお尻黒ずみ対策として使っていくには2つの問題点があります。

 

①そもそも効果が弱い

②メラニンの生成は止まらない

 

①そもそも効果が弱い

ジャムウは『デリケートゾーン』の黒ずみ対策として作られたものです。当然デリケートゾーンはとても繊細で敏感な場所です。なのであえて、パパイヤ果実エキスという、自然派でピーリング効果の弱いものを使っているのでしょう。

 

それに対してお尻の皮膚というのは身体の中でも一番分厚く・硬い皮膚をしています。そのような頑丈な皮膚にデリケートゾーン専用の商品を使うには、効果が弱すぎます。

 

②メラニンの生成は止まらない

また実際ある程度皮膚の新陳代謝が進んだとしても、もう1つの問題があります。それは黒ずみの元となるメラニンは『発生し続けている』ケースがあるということです。

 

つまりいくら肌の新陳代謝を促して、メラニンを剥がしていこうと、下から次々とメラニンが発生していては意味がないのです。

 

これはピーリング石鹸に対しても言えることですが、実際メラニンというのは一度発生したら、それで終わりではなく、発生が続いているケースも多々あります。

 

そういった場合はメラニンを作り出すメラノサイトの働きを抑えない限り、どんどん黒ずみは増えてしまうのです。

 

まとめ

ネット上ではニベアやアットノン、オロナインなど様々なものが黒ずみにも効果ありと書かれていますが、やはりしっかり黒ずみを治していくためには、王道の方法で黒ずみに特化した商品を使っていくのが一番です。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ