妊娠中・産後に増えたお尻黒ずみの原因はホルモンバランス

shoukai-poinnto-douzo

子ども産んでから黒ずみが増えたわー(TдT)

 

今まで気にするほどはなかったのに、子どもを産んでから急に黒ずみが増えたのは気のせいかしら?実はこのような悩みを持つ女性は意外と多いです。

 

そこで今回は妊娠中・産後に増えるお尻黒ずみについてお伝えしていきます。

 

産後に増えたお尻黒ずみ

妊娠中や産後は女性ホルモンの分泌量が大きく増えるので、体には今までにない変化がたくさん起こります。その中の一つが黒ずみです。

 

一見すると女性ホルモンと黒ずみって全く関係のないものにも思えるので、なぜ黒ずみが増えたのか分からず悩んでいる女性は多いです。

 

実は女性ホルモンの1つプロゲステロンは黒ずみの元であるメラニンの活動を活発化させる特徴があります。そして妊娠中や産後はこのプロゲステロンが多く分泌されるので、普段より黒ずみができやすくなってしまうのです。

 

黒ずみが増える3つの要因

maraninn-meranosaito

メラニンを作り出すメラノサイトは刺激を受けると、刺激から体を守るためにメラニンを作り出すという特性があります。

 

妊娠中はどうしても座る時間が長くなってしまいますし、当然妊娠前より体重は重くなってしまいます。なので普段よりメラニンが増えやすくなってしまい、黒ずみができてしまうのです。

 

つまりここまでを簡単にまとめてみると、女性は妊娠すると黒ずみが発生しやすくなる要因を3つも抱えてしまうのです。

 

・プロゲステロンが増えてメラニン活動が活発化する

・座る時間が長くなる

・体重が増えてお尻への負担が重くなる

 

黒ずみをとにかく作らない予防法

妊娠中は普段より何倍も黒ずみができやすい状態になっているので、予防法がとても大切になってきます。

 

まずは普段のお尻への負担を減らすために、自分にあったクッションを必ず敷くようにしましょう。妊娠中や産後の黒ずみは、こういった毎日の積み重ねでメラニンが増えすぎることが黒ずみの最大原因です。

 

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

クッションや座布団の使い方次第で全然違うお尻黒ずみ予防法

 

なのでとにかく、日々の生活から少しでもメラニンを増やさないちょっとした工夫が大切になってきます。予防法も兼ねて黒ずみ美白化粧品を毎日塗っていくのもとても良いことなのでオススメです。

 

また妊娠中や産後はお尻だけでなく脇や乳首などデリケードな部分は全て黒ずみが発生しやすくなるので、注意しておきましょう。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ