ダイエットはお尻黒ずみの大敵?両者の関係を徹底解説

daietto

ダイエットとお尻黒ずみって関係あんの(TдT)?

 

一見すると何の関係もなさそうなダイエットとお尻黒ずみですが、実はダイエットは黒ずみと関係大ありなんです。

 

最近ダイエットを始めて、お尻のニキビや黒ずみが増えたかもと思っている方は要必見です!

 

ダイエットが肌に与える影響

意外とダイエットをしてからニキビが増えたという人は多いのですが、実はこれ栄養バランスの乱れから来ることが圧倒的に多いのです。

 

肌は普段の食事から様々な栄養分を吸収して現在の状態を維持しています。なので栄養バランスが崩れると肌バランスを維持したり、充分に新しい肌を作り出せなくなります。

 

中でも特に注意が必要なのが、タンパク質とビタミンの摂取量です。

 

タンパク質が肌に与える影響

タンパク質は筋肉、骨、内蔵、肌などあらゆるものを作り出す元となっている栄養素です。なのでタンパク質が不足すると肌を作り出す機能が低下するので、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れて、肌表面に古い角質が溜まりやすくなります。

 

古い角質が肌に溜まると毛穴が塞がりやくなり、ニキビの原因となります。そしてニキビが黒ずみを作り出してしまうのです。

 

タンパク質について詳しくはこちらをどうぞ

 

『タンパク質』の基礎知識

 

ビタミンが肌に与える影響

ビタミンが肌に与える影響については知っている人が多いかもしれませんが、改めてまとめてみるとこんな感じです。

 

ビタミンA:肌の粘膜を丈夫にし、免疫力を高める

ビタミンB:健康な肌細胞を作り出し、成長を促す

ビタミンC:黒ずみの元となるメラニンを抑制する

ビタミンE:老化の元である活性酸素を取り除き、肌の新陳代謝を促す

 

このようにビタミンは健康的な肌を維持するために様々な役割を果たしています。なのでダイエットでビタミンが不足するとニキビだけに留まらず、乾燥やハリがないなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

またニキビだけでなく、普段の下着などの締め付けによる刺激も黒ずみの発生要因となります。タンパク質やビタミンが不足すると肌のバリア機能が低下してしまうので、肌に刺激が伝わりやすくなり、黒ずみができやすくなってしまうのです。

 

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

 

肌に影響を与えないダイエットの方法

つまり肌に悪影響を与えず健康的にダイエットするには、いかにタンパク質とビタミンの摂取量を維持できるかにかかっています。

 

そのためにオススメの方法は炭水化物と脂肪の量だけ抑えて、タンパク質と野菜・果物の摂取量は減らさないことです。

 

まぁタンパク質と野菜をしっかり取りつつカロリーを抑えるのは、肌だけでなく健康的にダイエットするための王道の方法なんですけどね(^。^)

 

食事だけでなく、もっと効率よく完全に黒ずみを予防し治していきたいという方はこちらも参考にどうぞ。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ