長時間座りっぱなしは黒ずみを増やす危険性大?

suwaru

座りっぱなしは黒ずみに良くないの(´;ω;)?

 

授業中座りっぱなしの学生さんや、座り仕事をされている方は、普段座っている時間が長いので、それが黒ずみの原因になっていないか気になりますよね。。

 

そこで今回は座る時間が長いことは黒ずみを増やす原因になるのか、徹底解明していきたいと思います。

 

座りっぱなしが黒ずみの原因?

お尻に黒ずみができる原因は大きく分けて2つあります。それは『ニキビ』『過度な刺激』です。そして実は長時間座ることは、お尻に負担がかかり刺激となることで、黒ずみの原因になってしまうのです。

 

maraninn-meranosaito

なぜこのようなことが起きてしまうのかというと、メラニンを作り出すメラノサイトが刺激に反応してしまう特性があるからです。メラニンは黒ずみのもととなるものですが、これを作り出すメラノサイトは外部から刺激などを受けると、メラニンを作り出してしまいます。

 

なのでやはり一日のうち座っている時間が長い人は、それだけお尻に負担はかかりやすいので、メラニンは発生しやすいです。

 

よくスポーツ選手で膝が黒ずんでいる人がいますが、それは普段から膝を擦る機会が多いので、それだけ刺激がメラノサイトに伝わってメラニンが作られている証拠です。

 

座りっぱなしへの対処法

日々、長時間座らざるをえない人は、もうそれはどうしようもないので、なるべく、長時間座っても肌に負担が少ない方法を行っていくことが必要です。

 

・下着やクッションにこだわる

・肌の水分量を高める

 

下着やクッションにこだわる

簡単なことですが、あなどれないのが、下着やクッションです。下着に関しては24時間身につけているものなので、素材を変えるだけで肌への負担がグッと下がります。

 

特に下着の素材に関しては重要で、素材によって水分吸収率が全く違ってくるので、肌への保湿力にだいぶ差が出てきます。

 

あとで詳しく説明しますが、黒ずみと『肌の水分量』はとても密接な関係で繋がっていて、肌の水分量を適正な量で維持することは、黒ずみ予防に必須です。

 

なので普段肌への負担が重い素材の下着を使っていた人は、素材を変えるだけでもだいぶ黒ずみ予防に繋がります。

 

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

 

またクッションに関しても、使ってみてその方が楽だなと感じる場合は、使ってみるべきです。結構地道な改善ですが、座っている時間が長い人ほど、こういった地道な改善がものを言ってきます。

 

クッションや座布団の使い方次第で全然違うお尻黒ずみ予防法

 

肌の水分量を高める

kakusitu-hada

黒ずみができやすい人というのは、お尻の水分量が少なくて、角質層のバリア機能が正常に働いていない場合が非常に多いです。

 

角質層は肌の一番表面の部分ですが、ここに問題があると、バリア機能が低下するので、肌は外部からの刺激に弱くなります。すると当然それだけメラノサイトに刺激が伝わりやすくなってしまうので、黒ずみが発生しやすくなります。

 

なので肌の水分量を高めて角質層のバリア機能を高めることは黒ずみ予防にとても重要なのです。またバリア機能が高まると、刺激だけでなく、ほこりやダニの死骸などあらゆる攻撃に対して強くなるので、肌に異常が起きず正常な状態で保たれやすくなります。

 

すると、ターンオーバーの乱れや皮脂量の増加なども起こりにくくなるので、ニキビやザラザラ肌などあらゆる肌トラブルの予防にも繋がるのです。

 

まとめ

・下着の素材を変える

・クッションを使う

・肌の水分量を高める

 

これらを変えるだけでだいぶ黒ずみはできにくくなります。ぜひお試し下さい。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ