自転車でお尻黒ずみが悪化するって本当?事実を徹底検証

jitennsha

自転車でお尻黒ずみができちゃうって本当なの(・_・)?

 

お尻黒ずみに悩んでいる人は、普段の生活でも気を使うことが多いと思います。特に普段から自転車を使う機会の多い人は『自転車は黒ずみに大丈夫なんだろうか』なんて良からぬ妄想もしてしまいますよね。

 

そこで今回は自転車と黒ずみの関係についてお伝えしていきたいと思います。

 

自転車と黒ずみの関係

maraninn-meranosaito

まず、そもそも黒ずみというのは強い刺激を受けることでも発生します。メラニンを作り出すメラノサイトは刺激を受けることで働きが活発化する特性があるからです。

 

なぜお尻黒ずみができるのか原因を端的に徹底解説

 

なので普段から座っている時間が長い人や、下着の強い締め付けを受けている人などは黒ずみを作りやすいといえます。

 

スポーツ選手で膝を擦る機会の多い人は、膝が黒ずんでいる人が多いですが、これも普段からメラノサイトに強い刺激を受けることで起こっています。

 

このように普段から自転車を使う機会の多い人はお尻に刺激が伝わりやすく、黒ずみを作りやすいと言えます。

 

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

 

サドルによる強い圧迫

イスなどに座る場合と比べて、サドルはお尻の一部に対して強い圧迫を受けます。なのでサドルの場合、より強い圧力がお尻にかかっているので、刺激はメラノサイトに伝わりやすいと言えます。

 

特にマウンテンバイクやロードバイクなどの細いサドルを使うと、お尻が痛いと感じる人もいると思いますが、それはその分お尻に強い圧力がかかっている証拠です。

 

自転車黒ずみの予防法は?

といっても普段から通勤や通学などで自転車を使う人はどうしようもないですよね。そういった人は、まず自転車に乗る際に、サドルの後部の面積が広い方に体重を預けるようにしましょう。

 

そうすることでいくらかおしりへの刺激を和らげることが出来ます。

 

またもう一つの対処法として、根本的にメラノサイトに刺激が伝わりにくくする方法があります。それは、肌の角質層を丈夫に作り変えていく方法です。

 

kakusitu-hada

角質層は外部からの刺激などから肌を守るバリア機能の役割を果たしています。なので角質層を丈夫にしバリア機能を高めることで刺激がメラノサイトに伝わりにくくなります。

 

またバリア機能を高めることは、自転車の時だけでなく日常生活からも受ける、あらゆる刺激から肌を守り、黒ずみを予防することに繋がります。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ