尿素がお尻黒ずみに効果あるのか徹底検証してみた

osieru-shoukai

黒ずみに尿素が良いらしいけど、実際のところどうなの?

 

最近は色んな保湿クリームに含まれている尿素ですが、黒ずみにも効果があると耳にします。ただ実際のところ本当に効果がるのか検証してみました。

 

尿素とは

尿素って名前だけ聞くとあまりいいイメージがわきませんが、実はNMFといって肌に元々含まれている天然保湿成分です。

 

ただ尿素が黒ずみにいいと言われている理由はこの保湿効果ではありません。尿素には『角質溶解作用』があって、この作用によって肌表面の古い角質を溶かす効果があります。

 

なので、黒くなってしまった古い角質を溶かすことで、黒ずみを治すことができるとされているのです。

 

実際に黒ずみへの効果

maraninn-meranosaito

黒ずみは肌の内部に変色したメラニンが沈着している状態です。なので黒ずんだ古い角質を溶かして、肌の生まれ変わりを促進することで、黒ずみが薄くなっていくことはあるでしょう。

 

ただ、、実際のところ尿素だけで黒ずみを治していくのは非常に難しいです。理由は次の2つです。

 

・角質を溶かす力が弱い

・メラニンは作られ続けている

 

角質を溶かす力が弱い

そもそも尿素が角質を溶かす力はそれほど強くありません。角質を溶かすというとピーリング石鹸を思い浮かぶ人もいると思いますが、ピーリング石鹸でさえメラニンを薄くしていくにはとても時間がかかります。

 

メラニンの沈着は肌の表面にあるだけでなく、肌深部から起こっている場合が多いので、尿素の角質溶解作用だけで黒ずみを治していくのは、相当困難です。

 

メラニンは作られ続けている

またメラニンというのはニキビなどによっていったん作られたらそこで終わりではありません。実際はメラノサイトに誤作動が起きて、メラニンの生成がずっと続いているケースも多いです。

 

この場合、いくら表面から角質を溶かしていこうが、下からどんどんとメラニンが作られているので、効果を感じることはできません。

 

まとめ

尿素の力だけで黒ずみを治していくのは難しいです。実際に尿素クリームだけで黒ずみを治したという声もほとんど聞いたことがありません。

 

もし黒ずみを本当に治していくのであれば、やはり王道に、丈夫で健康的な角質を作っていくこと、もしくはレーザー治療のどちらかが一番効果的だと思います。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ