ニキビとお尻の黒ずみの関係について徹底解説

osieru-kaisetu

ニキビのせいでお尻黒ずみができちゃった(TдT)

 

お尻にニキビが出来るとすぐに黒ずみができてしまいます。でも実際のところどうしてニキビができると黒ずみができてしまうのでしょうか。また顔に比べてお尻に跡が残りやすい理由は何なんでしょうか。

 

今回はそこんとこお伝えしていきます。

 

ニキビが黒ずみを引き起こす理由

そもそも黒ずみとは変色したメラニン色素が肌内部に沈着している状態です。ニキビができると毛穴の中にアクネ菌が大量発生してしまうのですが、このアクネ菌を退治するために肌では活性酸素が作られます。

 

ここでは活性酸素はアクネ菌を退治するという良い働きをしてくれるのですが、ご存知の通り活性酸素は増えすぎると老化を引き起こす原因となります。そこで次に登場するのがメラノサイトです。メラノサイトは増えすぎた活性酸素を分解するためメラニンを作り出します。

 

そしてメラニンは活性酸素を分解し変色してしまうのです。少し分かりにくいと思うのでまとめると次のような感じです。

 

ニキビにより毛穴の中にアクネ菌が発生→アクネ菌を退治するため活性酸素が発生→活性酸素を分解するためメラニンが発生

kakusitu-hada

 

またメラノサイトというのは肌奥深くの基底層という部分に存在しているのですが、ニキビが大きくなり基底層まで達して、直接メラノサイトを刺激する時があります。メラノサイトは刺激を受けるとメラニンを作り出す特性があるので、こうして刺激を受けることでもメラニンは発生します。

 

つまりニキビが黒ずみを引き起こす理由は次の2つです。

 

・アクネ菌を退治するために発生した活性酸素を分解するためにメラニンが発生

・大きいニキビが直接メラノサイトを刺激してメラニンが発生

 

お尻に黒ずみが残りやすい理由

またお尻ニキビによる黒ずみの特徴として跡に残りやすいというのもあります。お尻ニキビって顔にできるニキビと比べて跡に残りやすいと思いませんか?

 

実はこれも理由があって、お尻の皮膚は座った時の圧迫や下着の擦れなどによって常に刺激を受けやすい場所です。なので他の皮膚と比べて分厚く硬い特徴があります。

 

長時間座りっぱなしは黒ずみを増やす危険性大?

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

 

ニキビは毛穴が閉じることで発生しますが、お尻の場合、皮膚が分厚く硬いので一度毛穴が閉じてしまうとなかなか毛穴が開きません。なので閉じた毛穴の中で皮脂がどんどん分泌されてニキビが巨大化してしまいます。

 

巨大化したニキビはそれだけ多くの活性酸素を出しますし、メラノサイトを刺激しやすいです。このような理由があるので、お尻にできたニキビは黒ずみになりやすいのです。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ