なぜお尻黒ずみができるのか原因を端的に徹底解説

hatena1

そもそもどうしてお尻に黒ずみができてしまうの(・_・)?

 

お尻にニキビができるとその後に黒ずみが残ることがよくありますが、どうして黒ずみが発生してしまうのか、詳しい仕組みについてお伝えします。

 

なぜ黒ずみができるのか

そもそもどうしてニキビができた後に黒ずみが残ってしまうのでしょうか。

 

まずお尻にニキビができると毛穴の中に大量のアクネ菌が発生します。するとこのアクネ菌を退治するために白血球がやってきて、活性酸素を作り出します。

 

次に増えすぎた活性酸素を身体から取り除くためにメラノサイトという肌の機関がメラニンを作り出します。メラニンは活性酸素を分解し茶色く変色します。

 

これがニキビができてから黒ずみができるまでの一連の流れです。分かりにくいと思うので、簡単にまとめると、こんな感じです。

 

ニキビによりアクネ菌が発生→アクネ菌を退治するために活性酸素が発生→活性酸素を取り除くためにメラニンが発生→メラニンが活性酸素を分解し茶色く変色する

 

活性酸素も、メラニンも悪者のイメージが強いですが、本来は肌にとってとても大切な役割を果たしてくれています。

 

刺激によるメラニンの発生

黒ずみの原因は『メラニン』ということが分かりましたが、メラニンが発生する原因はニキビだけではありません。

 

実はメラノサイトは『刺激』によってもメラニンを発生させる性質があります。つまり強い刺激を受けたり、受け続けたりするとメラニンが発生してしまうのです。

 

最近ニキビはできないのに、黒ずみが増えたような感じがするというような人は、普段の下着の締め付けや長時間座ったりしていることで黒ずみを作ってしまっているかもしれません。

 

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

 

メラノサイトの誤作動

また大きいニキビなどが原因でメラノサイトに強い刺激が伝わるとメラノサイトが誤作動を起こすこともあります。誤作動を起こしたメラノサイトはメラニンを生成し続けてしまうので、どんどん黒ずみが濃くなってしまうというリスクもあります。

 

一度ニキビが治ったからといって安心している間に黒ずみが悪化していることも充分にあるので、やはり一度できてしまった黒ずみにはしっかり対応した方が良いでしょう。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ