お尻黒ずみを美白する際に覚えておくべき超重要な3つのポイント

bihaku-hada

今度こそ黒ずみを美白するぞ(*゚ー゚)!

 

一口に美白化粧品と言っても種類が多すぎて、どれを選んだら良いのかよく分からない。せっかく使うのだったら効果がしっかりあるものを使いたい。

 

今回はそんな声にお答えすべく美白化粧品を購入する際に覚えておくべきポイントについてお伝えしたいと思います。

 

意外と難しい化粧品の選び方

ドラッグストアなどに行ってみると、似たような化粧品がズラーーーっと並んでいます。どの化粧品を見ても良さそうなことがたくさん書かれていますし、結局どれが良いのか分からないと思っている人はとても多いと思います。

 

そこで結局は分かりやすい、『値段』『CMなどでよく聞くから』といったような、なんとなくな理由で購入している人が大半じゃないでしょうか。

 

私自身も以前は、何十分もかけて吟味して選んだ割には、『なぜこの商品を選んだのか』と聞かれても『なんとなく』としか言えないような感じでした。

 

特に現代は情報量があまりにも莫大になっているので、企業としても『分かりやすさ』や『インパクト』などを重視しがちで、本来一番大切な『中身や成分』がおきざりにされがちです。

 

そこで今回は正しい美白化粧遺品を選ぶ3つのポイントをご紹介したいと思います。

 

①黒ずみ専用商品を選ぶ

まず1つ目は『黒ずみ専用商品を選ぶ』ということです。というのも一般的なシミとニキビ跡などで発生する黒ずみでは、じゃっかん症状が異なってくるからです。

 

基本的には黒ずみもシミも変色したメラニンが原因なので、呼び方が違うだけで、症状としては同じものです。ただニキビが原因の場合、黒ずみだけでなく赤みが肌に残っているケースも非常に多いです。

 

しかし一般的な美白化粧品はシミは治せても赤みには全く対応していません。なので、お尻黒ずみを治す場合はお尻黒ずみ専用商品やニキビ跡商品など、赤みにも対応しているものを選ぶことが必要です。

 

②美白成分のバランス

2つ目は『美白成分のバランス』です。実は美白成分は主に2種類のものがあって、

 

・シミ自体を薄くする成分

・シミの発生を抑える成分

 

の2つがあります。この2つはどちらかがかけてもダメで成分がバランスよく含まれている必要があります。ただ実際にはどちらかに成分が偏っているものも多く、こういったものを選んでしまうと治すために必要以上に時間がかかってしまいます。

 

ちなみにそれぞれの主な成分は次のようなものがあります。

 

【シミ自体を薄くする成分】

・ビタミンC、クララエキス、ワレモコウエキス、ビタミンE

 

【シミの発生を抑える成分】

・ビタミンC、天草エキス、プラセンタエキス、桑エキス、トウキエキス

 

③高い保湿成分

直接黒ずみを薄くすることはできませんが、黒ずみを改善していく上で非常に重要になってくるのが『保湿力』です。

 

というのも、黒ずみを治したい人は、単に黒ずみを治すだけでなく、その先にある、健康的で美しいお尻の肌にしたいんですよね。

 

肌の水分量というのは健康的で美しいお尻を作るための土台となってくるものです。ここが乱れてしまうと、肌はニキビを含めた様々な肌トラブルを引き起こしますし、見た目的にもカサついてキメも荒く、美肌とは程遠い状態になってしまいます。

 

具体的にオススメの成分は『セラミド』です。一般的には保湿成分と聞くとヒアルロン酸やコラーゲンを想像する方が多いと思いますが、実際はセラミドの方が格段に保湿力が高いので、オススメです。

 

お尻黒ずみを完全予防するのに保湿が優れている理由

 

まとめ

①黒ずみ専用商品を選ぶ

②美白成分のバランス

③高い保湿成分

 

具体的にこれらの条件に当てはまったオススメ化粧品については次の記事で紹介しているので、よかったらご覧ください。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ