お尻黒ずみを予防するためのたった1つの方法とは

setumei-byouinn-hihuka

お尻黒ずみって予防できるの(・_・)?

 

一度出来てしまうと治すのに時間がかかるお尻の黒ずみ。できることであれば、できてしまってから治すより黒ずみができないよう予防するのが一番です。

 

そこで今回はお尻黒ずみの完全予防する方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

黒ずみができる原因

普段の生活などを通してお尻に黒ずみを作ってしまう要因は2つあります。

 

・ニキビによる黒ずみ

・長時間座ったり、下着の締め付けなどの刺激による黒ずみ

 

なぜお尻黒ずみができるのか原因を端的に徹底解説

 

つまりお尻に黒ずみを作らなためにはニキビを予防して、普段から外部の刺激を受けないようにする必要があります。

 

『そんなこと分かっているよ!』『それが出来ないんだよ!』って声が聞こえてきそうですが、黒ずみを完全に予防するポイントは『角質』にあります。

 

kakusitu-hada

角質は皮膚の一番表面の部分のことを言い、外部の刺激や攻撃から守るバリア機能を果たしています。次に、どうして丈夫な角質を作ることがニキビ予防と下着による刺激予防になるのかそれぞれ説明していきます。

 

 

角質変化によるニキビ予防

まずニキビが発生する条件として次の3つが挙げられます。

 

・毛穴の詰まり

・過剰な皮脂分泌

・アクネ菌の増殖

 

つまり肌のうえでこれらのことが発生するとニキビができてしまうのですが、この毛穴の詰まりや過剰な皮脂分泌は角質に異常が起こると発生することがとても多いのです。

お尻黒ずみ辞典 バナー

どういうことかと言うと、例えば角質に異常が起きるとバリア機能が低下するので、ほこりやダニの死骸が肌内部に侵入しやすくなり外部からの攻撃に弱くなります。

 

すると肌は攻撃から身を守るために様々な防衛反応を起こします。それが毛穴の詰まり、過剰な皮脂分泌、アクネ菌の増殖となって表れるのです。

 

バリア機能が低下した肌はターンオーバー(肌の生まれ変わり)を早くして角質をどんどん分厚く、硬くして攻撃から身を守ります。分厚く・硬くなった肌では毛穴が詰まりやすくなります。

 

また角質異常とは肌の水分をしっかり肌内部に留めておくことができない状態なので、皮脂量も増えます。アクネ菌は皮脂をエサとしているので、皮脂量が増えることでアクネ菌も一緒に増えていきます。

 

このようにニキビの根本原因は角質異常によることがとても多く、ここをしっかり改善していくことがニキビを予防することに繋がるのです。そしてニキビ予防は必然的に黒ずみ予防にも繋がります。

 

 下着の締め付けなどの刺激による黒ずみの予防

maraninn-meranosaito

また角質を丈夫にすることは下着の締め付けや長時間座ることによる黒ずみも予防することができます。

 

黒ずみはニキビだけでなく、単に刺激を受けるだけでも発生します。それはメラニンを作り出すメラノサイトが刺激に対して反応する特性があるからです。

 

でも角質を丈夫で健康的にすることで、しっかりと角質層にバリアが張られるので、外からの刺激に強くなります。すると刺激がメラノサイトにまで届かなくなるので、下着の締め付けなどによる黒ずみも予防することができます。

 

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

摩擦でお尻黒ずみが発生する理由を徹底解説

 

あらゆる肌トラブルを防ぐ

このように角質層を丈夫にすることは黒ずみを根本から予防することに繋がるのです。また角質層が丈夫だとニキビや下着の締め付けなどに留まらず、乾燥やザラザラ肌などあらゆる肌トラブルを防ぐことにも繋がります。

 

ニキビを繰り返したり、何度も黒ずみを作ってしまうと悩んでいる人は、ぜひ丈夫な角質を作ることで黒ずみを予防して見て下さい。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ