間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

erabu-senntaku

パンツ選びで黒ずみは防げた( ゚д゚)ハッ!

 

黒ずみの原因がパンツだった!嘘みたいですが、実はありえる話しなんです。そこで今回はパンツと黒ずみの関係、黒ずみを防ぐ正しいパンツの選び方についてお伝えしていきます。

 

 パンツの擦れで黒ずみができる原因

通常黒ずみというのはニキビが原因で発生しますよね。これはニキビができると発生する活性酸素をメラニンが分解することで起きます。通常メラニンを作り出すメラノサイトは活性酸素から肌を老化などから守るために存在しています。

 

なぜお尻黒ずみができるのか原因を端的に徹底解説

 

大きなニキビができたり、紫外線などを浴びると活性酸素が発生するので、メラノサイトは、これらから肌を守る役割を果たしています。でも実はこのメラノサイトは活性酸素が発生しなくても『刺激』によってメラニンを作り出す特徴もあります。

 

なので、日々座っている時間が長かったり、下着の強い刺激を受けていると皮膚の刺激がメラノサイトに伝わり、メラニンが発生します。これが続くとメラニンの蓄積が進み黒ずみとなって肌に表れるのです。

 

摩擦でお尻黒ずみが発生する理由を徹底解説

 

正しいパンツの選び方

そのため24時間常に肌と触れ合う下着を正しく選ぶことはとても大切なことです。具体的に下着選びで重要なポイントは素材の『水分吸収率』です。この水分吸収率は肌の保湿と深く関わってきます。

 

そして、乾燥した肌というのはバリア機能が低下している状態なので、ほこりなどの外敵が肌内部に侵入しやすくなりますし、単純にバリア機能が低下した分刺激に弱くなります。つまり乾燥肌というのは黒ずみを引き起こしやすい状態なのです。

 

お尻黒ずみを完全予防するのに保湿が優れている理由

 

オススメパンツ素材

そこでオススメのパンツの素材は綿、シルク、レーヨンです。これらの繊維は水分吸収率が高く、汗などを吸収してもすぐに蒸発しません。

 

なのでパンツの空間の中の湿度が一定に保たれて乾燥肌を引き起こしにくいです。

 

注意すべきパンツ素材

逆に注意すべき素材は、ポリエステル、ナイロン、アクリルです。これらの素材は水分吸収率が低く、吸い取った汗をすぐに蒸発してしまうので、肌がカサカサになりやすいです。

 

言い方を変えれば、いつもサラサラの状態なので、乾燥に強い人にはいいかもしれませんが、黒ずみができやすい人は避けるべきです。

 

また冬になるとほとんどの人が履いている『ヒートテック』も黒ずみができやすい人は要注意です。ヒートテックは吸湿発熱素材という特殊な素材を使っていて、肌から汗を吸収する際に発熱する仕組みなので、ポリエステルやナイロン以上に乾燥しやすいです。

 

実は一部の人には、ヒートテックによる乾燥肌が酷いと話題になっているほどです。実際思い返してみると、『確かにヒートテックは乾燥しやすいかも』と思う人も多いんじゃないでしょうか。

 

もしどうしてもヒートテックを履きたいのであれば、一枚目に綿などのパンツ履いてその上から履けばOKです。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ