お尻黒ずみに軟膏や塗り薬をオススメできないたった1つの理由

nannkou

お尻黒ずみに塗り薬ってどうなの(・_・)?

 

お尻黒ずみ対策として軟膏や塗り薬を塗っている人も多いと思います。ただ私はこの方法だけで黒ずみを治していくのは問題があると思っています。

 

対処療法の問題点

軟膏や塗り薬だけでお尻黒ずみ対策を行う問題点、それは軟膏や塗り薬が『対処療法』にすぎないからです。

 

もちろん塗り薬には黒ずみを薄くする成分が配合されているので、一定の効果はあるでしょう。ただ黒ずみを『完治』させるためには、今ある黒ずみだけに対応するのでは不十分です。

 

今お尻に黒ずみがあって悩んでいるというのは、これから将来にわたっても、十分に黒ずみを作ってしまう可能性が高いということです。

 

黒ずみというのは一度できてしまうと、治すのに長い時間が必要になってきます。黒ずみを塗り薬だけで対応してしまえば、今ある黒ずみにしか対処ができず、

 

黒ずみが発生する→治す→黒ずみが発生する→治す

 

の繰り返しになってしまいます。

 

これでは時間もお金ももったいないですし、ほんとうの意味で『治った』とは言えないはずです。これはニキビに関しても言えることですが、基本的に塗り薬というのは『症状を抑える』ものが大半で『予防』という面ではほとんど対応できていない状況です。

 

黒ずみ対策は『予防』がセット

黒ずみを治していくためには、今ある黒ずみを改善するだけでなく、これから黒ずみを作らない肌作り(予防)もセットで行なっていく必要があります。

 

・今ある黒ずみを治す(改善)

・これから黒ずみができない肌作り(予防)

 

この2本柱がセットで本当の黒ずみ治療です。予防も同時に行なっていくことで、今ある黒ずみ治療に専念できますし、これから発生する黒ずみにも悩まずに済みます。

 

詳しい黒ずみの予防と改善法については次の記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ