お尻黒ずみに効果的な石鹸の選び方と使用法を解説

sekkenn

黒ずみに効果的な石鹸の選び方と使い方とは(・∀・ )?

 

黒ずみ予防していくのに石鹸をどう選び、使うかは意外と重要です。間違った石鹸の使い方が結果的に黒ずみを増やす原因になっていたなんてことも、あり得る話です。

 

そこで今回は正しい石鹸の選び方と使い方についてお伝えしていきます。

 

正しい石鹸の使い方

まずは正しい石鹸の使い方について3つのポイントをお伝えしていきます。

 

①無添加石鹸

まず前提としてお尻黒ずみに悩む人は『なるべく肌に刺激が少ない石鹸』を使うべきです。

 

一般的な石鹸やボディーソープの場合、界面活性剤が含まれているのですが、これが肌には強い刺激となります。一概に界面活性剤自体を悪いものと決めつけることは出来ませんが、一般的に流通している石鹸やボディーソープの場合、ほとんどに刺激が強いものが使われています。

 

実際には界面活性剤といっても様々なのですが、コストの関係で安くて刺激の強いものが多く含まれているのです。

 

そしてこの刺激が黒ずみにはやっかいで、刺激は黒ずみの元となるメラニンを増やすことに繋がってしまいます。つまり黒ずみを予防するにはなるべく肌に刺激を与えないことが大事なのです。

 

そこで石鹸を選ぶ際は、なるべく余計な添加物が入っておらず、肌に優しいものを選ぶべきです。

 

②ピーリング・スクラブ厳禁

先ほどの話しと繋がってきますが、ピーリングやスクラブも肌への負担が大きいということで厳禁です。『そうはいってもピーリングやスクラブにもメリットはあるんじゃないの?』と思う人もいるかもしれませんが、実際にはメリットよりもデメリットの方が大きいです。

 

例えばピーリングの場合は、肌表面の角質を溶かし肌の新陳代謝を促すことで、黒ずみが薄くなるという効果も期待できます。ただ実際はピーリングによって角質層に傷がつき、バリア機能が低下する際に起きるデメリットの方が危険です。

 

バリア機能が低下してしまうと、肌は外部からの攻撃や刺激に弱くなり、ターンオーバーの乱れ、ニキビ、黒ずみなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。このように角質層に傷がつくことは、様々な肌トラブルを引き起こす、とてもリスクの高いことなのです。

 

お尻の黒ずみにピーリングがオススメできない理由を徹底解説

 

③保湿成分は意味なし

最近は保湿成分が含まれた洗顔料なども増えてきていますが、実際これらによる保湿効果はほとんどなく、むしろ黒ずみに悩む人には悪影響の方が大きいです。

 

理由はとても単純なのですが、いくら保湿成分が含まれていようが、洗顔中にそれらが肌に吸収されることは、ほとんどなく洗い流されてしまうからです。

 

でも実際に付けてみると確かに潤っているような気もしますよね?実はこういった洗顔料には、肌が潤ったような洗い心地にするために通常より油分が多く含まれているのです。

 

つまり潤ったような気がするのは、それだけ肌表面に油分が付着しているだけなのです。実際は洗うことによって余分な皮脂を洗い落としているはずが、油分を付けていることになってしまっているのです。

 

また油分はニキビの原因であるアクネ菌のエサとなるので、ニキビを増やす原因にもなります。

 

正しいお尻の洗い方

ここまで書いといてなんですが、基本的には私はお尻を洗うときは、余計なものは何も付けずに素洗いだけで十分だと考えています。

 

石鹸を使うとどうしても本来肌に必要な皮脂や常在菌も必要以上に洗い流してしまうことになります。本来肌というのは様々な菌や皮脂がいて、肌のバランスを整え、正常な状態を保ってくれています。

 

そこに石鹸などを使ってしまうと、それらの菌などを全て洗い流してしまうことになるので、肌バランスが崩れて、肌のバリア機能も低下してしまう可能性が高いです。

 

そもそも黒ずみができやすい人は、肌が刺激に敏感でバリア機能が正常に機能していない可能性が高いです。それならなるべく自然な状態を維持したままで、黒ずみを減らす努力をしていった方が結果的には黒ずみ予防になると思います。

 

ただ、どうしても泡を使って洗いたい、という人もいると思います。そういった方は無添加石鹸で泡で軽くなでるよう洗ってあげれば良いでしょう。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ