お尻黒ずみに効果的な正しいジェルの選び方3つのポイント

jeru

お尻黒ずみにぴったりなジェルの選び方を教えて( ^∇^)

 

お尻黒ずみのケアをしようと思っても種類が色々ありすぎて、何を基準にして選べばいいのか分からないですよね。

 

そこで今回は黒ずみジェルを選ぶ3つの基準をお伝えしたいと思います。

 

正しいジェルの選び方

お尻黒ずみのジェルに限らず、化粧水や乳液でも、なんとなく良さそうだから、CMでよく見るからみたいな感じで、何となくな理由で買っている人も多いんじゃないでしょうか。

 

ただ黒ずみに効果があると書いていても、実際には含まれている美白成分がとても少なかったり、ほとんど効果が期待できないようなものもあります。

 

黒ずみを治していくにはある程度の時間がかかるので、しっかりとお尻黒ずみに効果的なものを選ばないと時間もお金も無駄になってしまいます。

 

そこで今回はジェル選びの3つの基準をお伝えします。ぜひこれからジェルを選んでいく際の判断基準に使ってみてください。

 

①2種類の美白成分

②成分のナノ化

③セラミド含有

 

①2種類の美白成分

黒ずみを薄くしていくためには当然美白成分が必要ですが、一口に美白成分と言っても2種類のものがあります。

 

・メラニンを薄くする成分

・メラノサイトの働きを抑える成分

 

maraninn-meranosaito

この2種類の成分は車の両輪のようなもので、どちらかが欠けてしまうと効果は著しく落ちます。

 

メラニンを薄くする成分だけが強いと、メラノサイトが次々と作り出している新たな黒ずみを予防することができませんし、メラノサイトの働きを抑える成分だけが強いと、メラニンは薄くなりません。

 

ただ実際のところは、成分が片方に偏っているものも多く、そういったものを使うと効果が出にくく、治すのに必要以上に時間がかかってしまいます。

 

②成分のナノ化

通常肌はバリア機能を張っているので、成分自体が浸透しにくい構造になっています。ただお尻の場合、人間の体重を支える場所なので皮膚が分厚く、よりいっそう肌に成分が届きにくいです。

 

いくら美白成分がたくさん含まれていようと、成分がメラニンやメラノサイトにまで届かなければ当然効果は出ません。なのでジェルを選ぶ際は成分が『ナノ化』されているものをオススメします。

 

③セラミド含有

セラミドとは保湿成分ですが、なかには『黒ずみを治すのに保湿が必要なの?』と思われた方もいるかもしれません。保湿自体が黒ずみを薄くすることは出来ないのですが、『黒ずみ予防』にはとても重要です。

 

黒ずみ最大の原因は『ニキビ』『過度な刺激』ですが、この2つは肌の水分量の低下によって引き起こされているケースが非常に多いのです。つまり肌の水分量を高めることは、結局は黒ずみを予防することに繋がっているのです。

 

それで数ある保湿成分の中でも特に優れた保湿効果を持っているのが『セラミド』です。肌の保湿成分は大きく分けて3種類あり、その中の1つが『細胞間脂質』と呼ばれるもので、この細胞間脂質はなんと肌の保湿の約80%を担っているのです。

 

そしてセラミドはこの細胞間脂質の元となる成分なのです。つまりセラミドは肌の保湿の約80%を担っているとても優れた保湿成分なのです。ただ意外とセラミドが含まれている化粧品は少ないので、しっかりと成分表示を見るようにしましょう。

 

オススメ商品

スクリーンショット 2015-05-27 21.09.05

ここまでジェルを選ぶ際の3つの基準についてお伝えしましたが、『これにぴったり合ったもの探すの大変だよ!』って人も多いと思います。

 

正直市販のものだと、成分がナノ化されていて、なおかつセラミド含有のものを探すのは難しいです。そこでオススメなのがピーチローズです。

 

ピーチローズには先ほど挙げた3つの基準を全て満たしています。また詳しいことは次の記事にもまとめてあるので、良かったら参考にしてみてください。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ