ハウスオブローゼはお尻黒ずみに効果があるのか徹底検証

hausuoburo-ze

黒ずみ対策としてハウスオブローゼを使ってみようかしら(‘ω‘ )

 

素敵な香りのものが多く、日々のスキンケア対策としてハウスオブローゼを使っている人も多いかもしれません。

 

そこで今回はハウスオブローゼの商品の中でも角質除去用として使われている『Oh! Baby ボディースムーザー』の黒ずみへの効果を検証してみたいと思います。

 

ボディースムーザーの効果

ボディースムーザーには3種類のスクラブが入っていて、そのスクラブが肌表面の古い角質を取り除いてくれます。簡単に言えばペースト状でできたスクラブマッサージです。

maraninn-meranosaito

黒ずみというのは肌内部に変色したメラニンが沈着している状態です。なのでスクラブで古い角質を取り除き、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進すことでメラニンを肌から剥がしていこう、というのがスクラブによる黒ずみ対策です。

 

実際に口コミを見ても、ザラザラだった肌がツルツルになった、スベスベになったという評価も多く、角質を取り除く作用は強いと思います。なのでボディースムーザーを使い黒ずみを治す一定の効果は得られると思います。

 

ボディースムーザーの問題点

ただ、私はボディースムーザーを使ってお尻の黒ずみを治していくのはメリットよりデメリットのほうが大きいと思います。

 

というのは基本的にスクラブを使って肌を擦りつけ、古い角質を取り除いていくのは、肌への負担が大きすぎます。実際に肌というのは、古い角質が溜まっている場所もあれば、ターンオーバーが正常に行われていて、問題のない場所もあります。

 

ただスクラブの場合、正常な角質層も古い角質層も関係なく、一律にはがし落としてしまうので、正常な角質層に傷がつき肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

また当然使えば使うほど古い角質層は、はがれていくので、使うほどに肌への負担は大きくなります。実際に口コミを見ても角質除去作用は強いようなので、一見つるつるになったように見えて、角質層には多くの傷が付いてしまっている可能性があります。

 

角質層の傷が引き起こす肌トラブル

kakusitu-hada

角質層というのは外部からの攻撃や刺激から肌を守るバリア機能を果たしています。なのでここに傷がついてしまうと、肌は刺激に弱くなってしまい、乾燥肌、ターンオーバーの乱れ、皮脂量の増加など、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

また黒ずみの元となるメラニンは強い刺激を受けると増える特性があります。実際に仕事やスポーツで肘や膝を擦る機会の多い人の多くが黒ずんでいます。これは日々強い刺激を受け続けていることで、メラニンが増え黒ずみが残ってしまったためです。

 

このように黒ずみというのは刺激を受けることで増えてしまうのですが、角質層に傷がつきバリア機能が低下してしまうと、刺激が肌に伝わりやすくなるので、黒ずみができやすくなります。

 

つまりスクラブを使って黒ずみを治していくことは、むしろ黒ずみを増やしてしまうことにも繋がるのです。

 

まとめ

ちょっと肌のざらつきを抑えたいと、数回程度行うならそれほど問題はないですが、黒ずみを治すためには、絶えずターンオーバーを促進する必要があるので、使い続けなければいけません。

 

となるとハウスオブローゼのボディースムーザーは肌への負担が大きすぎるのであまりオススメできません。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ