ケシミンでお尻黒ずみは治るのか徹底検証してみた

kesiminn

ケシミンで黒ずみが本当に治るの(‘ω‘ )?

 

シミ専用薬として有名な『ケシミン』その名の通りシミを消す薬なので、当然期待大という感じですが、実際のところ本当に効果はあるのでしょうか。今回は有効成分からケシミンの実力を丸裸していきたいと思います。

 

ケシミンの実力

一時期CM展開もしていて、市販薬のシミ専用クリームとしては一番有名なものになったのではないでしょうか。希望小売価格1,800円と値段もそこそこですし、もしケシミンでシミが治るのであれば万々歳ですよね。

 

たださっそく結論を書いてしまうと、有効成分からしてケシミンでシミを消すのは、ほぼ不可能です。

 

またケシミンのパッケージを良く見ても、メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐとは書かれていても、『シミを薄くする、改善する』とはどこにも書かれていません。

 

もしケシミンにシミを薄くする効果があるのであれば、堂々と『シミ改善』と書いてあっても良さそうですが、そう書いていないということは、やはりシミを薄くすることはできないのでしょう。

 

でもおそらくケシミンを購入した多くの人がネーミングからしても、シミを薄くすることを期待して買っていますよね。売るの上手だなーって思いますね(^_^;)

 

ケシミンの有効成分

それでは具体的に有効成分を見て行きましょう。パッケージに書かれている有効成分は次のものです。

 

L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル

 

L-アスコルビン酸 2-グルコシド

L-アスコルビン酸 2-グルコシドとは『ビタミンC誘導体』のことで、肌に次のような効果をもたらします。

 

・過剰な皮脂を抑制

・炎症を抑える

・ターンオーバー(肌の生まれ変わり)促進

 

ビタミンC誘導体は肌の専門家からもスーパー成分と呼ばれているとても優れた成分ですが、直接的にシミを薄くする効果はありません。

 

ただ炎症が抑える効果はあるので、ニキビなどで肌に炎症が起きている場合にもある程度の効果は期待できるでしょう。

 

グリチルレチン酸ステアリル

グリチルレチン酸ステアリルも先程と同じような抗炎症作用は期待できますが、シミを薄くする効果は全くありません。

 

トコフェロール酢酸エステル

トコフェロール酢酸エステルは『ビタミンE誘導体』のことです。ビタミン誘導体の主な効用は

 

・血行促進

・肌荒れ予防

 

で、シミ改善の効果はありません。

 

まとめ

一般的にはシミを治すためには、シミ自体を薄くする成分とシミの発生を抑える成分が、まんべんなく含まれている必要があります。ただケシミンにはそのような成分は全く含まれていません。

 

このように具体的に成分の中身を見てみると、ケシミンでシミを治すのが難しいということが良く分かります。

 

黒ずみを正しく治したい人は次の記事がお役に立つと思います!

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

サブコンテンツ

このページの先頭へ