恥ずかしいお尻ザラザラ肌の本当の原因と正しい対処法

kanasii-ochikomu

お尻のザラザラをなんとかした(TдT)

 

お尻がザラザラしていて、キメもない、見た目も汚らしい。特にひどいニキビや黒ずみがあるわけではないけど、なんかお尻がザラザラしていて汚らしいと悩んでいる人は多いと思います。

 

そこで今回はお尻のザラザラ肌についてお伝えしていきたいと思います。

 

ザラザラ肌が起きる原因

お尻の肌がザラザラ肌になる原因は主に2つあります。

 

①日々の刺激

②肌の乾燥

 

①日々の刺激

kakusitu-hada

まずザラザラ肌というのは簡単に言えば『過角化』といって、肌表面の角質層が分厚く・硬くなっている状態です。角質層は外部からの刺激や攻撃から身を守るバリア機能の役割を果たしています。

 

そこで日々座っている時間が長かったり、下着の締め付けなどで強い刺激を受け続けると、防衛反応として角質がどんどん分厚くなってしまうのです。

 

角質層というのは肌細胞の死骸が積み重なっている状態なので、角質層が分厚くなると、その分肌はごわついてザラザラするようになります。

 

摩擦でお尻黒ずみが発生する理由を徹底解説

 

②肌の乾燥

肌の乾燥もザラザラ肌の大きな原因となります。肌は乾燥すると肌細胞通しの間に隙間ができてしまうので、外部からの攻撃に弱くなり、バリア機能が低下します。

 

すると肌は攻撃から身を守るために、肌細胞をどんどんと作り出し、角質層を分厚くし、肌がザラついてしまうのです。

 

お尻黒ずみを完全予防するのに保湿が優れている理由

 

ザラザラ肌の対処法

ザラザラ肌を治すためには次の2つが効果的です。

 

Ⅰ.下着の素材を変える

Ⅱ.肌の水分量を上げる

 

Ⅰ.下着の素材を変える

下着は24時間身につけているものなので、肌への影響はとても大きいです。今まで肌への負担が大きいものを使っていた人は、下着の素材を変えるだけで、グッと症状が改善されるでしょう。

 

実は下着は肌の保湿と深く関わっていて、素材によって繊維の『水分保持率』が変わってきます。水分保持率が低いということは、それだけ吸収した汗などをすぐに蒸発しまうので、肌は乾燥しやすくなります。

 

間違ったパンツの選び方でお尻黒ずみが増えるって本当?

 

Ⅱ.肌の水分量を上げる

先ほどの話しと繋がってきますが、肌の水分量を上昇させることは角質層のバリア機能を高めることに繋がります。バリア機能が高まれば、肌に刺激も伝わりにくくなりますし、乾燥によるターンオーバーの乱れも防ぐことができます。

 

すると徐々に肌から古い角質が剥がれていって、角質層が正常な状態に戻っていきますし、角質が薄くなった分、ザラザラ感もなくなります。

 

当然肌の水分量が上がった分だけ、触り心地も良くなります。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ