お尻の黒ずみにレーザーを当てるメリットとデメリットとは

re-za-byouinn

レーザー治療の本音を知りたい( ゚д゚)ハッ!

 

一口に黒ずみ治療と言っても様々な治療法がありますが、その中でも一番最高峰の治療法と言えばレーザー治療でしょう。

 

そこで今回はレーザー治療のメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

レーザー治療とは

お尻の黒ずみにレーザーを当てていく場合、YAGレーザーというものを当てていくことになります。

maraninn-meranosaito

黒ずみとは肌内部に変色したメラニンが沈着している状態です。YAGレーザーはこの変色したメラニンにだけ反応し、メラニンを焼き切ります。すると焼いた箇所にかさぶたができて、黒ずみごと剥がれ落ちていく、これがYAGレーザーの仕組みです。

 

レーザー治療のメリット

効果がでやすい

なんといってもレーザー治療の一番のメリットは精度の高さでしょう。黒ずみの一般的な治療法である美白液が、メラニンを薄くしたり、メラノサイトの働きを弱くするのに対して、レーザーは、黒ずみの元を直接焼き切ります。

 

なので今まで色々試してみたけど、あまり効果を感じられなかったという人は、すぐに効果を感じられる人が多いです。

 

効果が出るのが早い

基本的にレーザーの照射回数は3回~5回です。2週間に1回レーザーを当てたとして、1ヶ月~2ヶ月ほどで黒ずみは消えていきます。

 

美白液やピーリングで黒ずみを治していく場合、最低でも3ヶ月以上の期間が必要なので、この効果が出る早さもレーザー治療が支持される理由の1つです。

 

レーザー治療のデメリット

料金が高額

レーザー治療の最大の障壁はなんといっても料金面でしょう。

 

一回:5万円~7万円

治療回数:3回~5回

 

場所にもよりますが、相場としてはだいたい1回、5万円~7万円のところが多いです。それで3回~5回ほど通うことになるので、総額20万円~40万円くらいかかることになります。

 

また中にはレーザーを当てた後に、状態を保つための高額な美容液を勧められるケースもあるようです。

 

赤みや色素沈着が残る

まれにレーザーの副作用として赤みや色素沈着が残ってしまう人もいます。黒ずみの元となるメラニンは、ニキビや強い圧迫による刺激など、様々な刺激によって発生します。

 

レーザーというのは直接肌内部のメラニンを焼ききる治療法なので、レーザーを当てた際に肌に強い刺激が伝わってしまう場合があります。するとメラニンが大量発生してしまい、色素沈着が残ってしまうのです。

 

またレーザーを当てた際に肌に強い炎症が起こり、赤みが残ってしまうケースもあります。黒ずみを消すためにレーザーを当てたのに、逆に赤みや色素沈着ができるという、なんとも言えない話しですが、実際に起こりうることです。

 

こういったデメリットに関してはお医者さんも、はっきりと言わないところが多いので、実際にレーザーを受ける前に知っておくことはとても大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

後半に少し怖いことも書きましたが、基本的にレーザー治療はとても精度が高くて、治る確率も非常に高い治療法です。

 

お金には余裕があるので絶対に黒ずみを治したいという方は試してみてはいかがでしょうか。ここまで読んでみて、やっぱり私はなるべくお金をかけず、着実に治していきたいと思った方は、丈夫で健康的な角質を作っていくことをオススメします。

 

お尻黒ずみ『予防』&『改善』パーフェクト講座

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ